ごあいさつ

 はたして文明の進歩は、病気になる人を減らしたのでしょうか? 現代の医療は真に病気を治しているのでしょうか? なぜこれだけ衛生状態がよくなり、医療技術が発達したにも関わらず、膨大な医療費が必要になってしまうのでしょうか?

 「病気の本質」を追究していくと、病気の症状を治すだけでなく「なぜ病気になったのか」「生きるとは何なのか」ということを見つめ、病気の原因になった生き方、考え方、生活習慣、環境、そして文明のあり方を、よりよく変えていくことが大切になっていきます。

 私たちは、「病気とは何か」「体と心の正常化とは何か」ということを追窮し、それを伝えていく役割をさせて頂きますので、よろしくお願いいたします。