東洋医学の歴史と学び方について

「東洋医学の歴史」と「傷寒論の成り立ち」

中国古代医学は紀元前400年頃に体系化されたと言われています。
はじめは、自然現象の観察を整理して得られました。
紀元前200年頃、人間の生理、病理、鍼灸術等の集大成として「黄帝内経」と
薬物学の書物である「神農本草経」が書かれました。

西暦200年頃張仲景が「傷寒雑病論」を著し、中医学は一応の感性をみました。
張仲景の1族は、もともと200人余りもいたのですが、西暦196年以降
10年もたたないうちに3分の2が死亡し、しかも、そのうち傷寒にかかって
死んだものが10人に7人もいたので、発奮して傷寒雑病論を著しました。
(傷寒とはインフルエンザや腸チフスなど悪性の流行病の総称)
傷寒雑病論はその後、傷寒論と金き要略(雑病)に別れ現在に至ります。

日本には7世紀の初頭に中国大陸から中国医学が招来し、
以来16世紀頃までは中国医学を模倣していました。
日本の東洋医学が独自の方向を目指したのは16世紀以降でした。
京都の曲直瀬道三という方が、中医学を基に自分の経験を合わせた医学を作り、
天皇、貴族、武将など有名人の多くに知遇を得、多数の弟子も集まりました。
その道三流は、中医学を基に自分の経験を加えたもので後世派と言われました。

しかし、後世派も末流になると、中医学の理論に泥酔し、空理空論に走り、
事なかれ主義に墜落するような弊害を生じてきました。
そして、後世派(中医学)は空理空論ばかりで現実的でないと主張し、
医学革新を起こした方々を古方派と言います。

古方派は、傷寒論を中心に実証的な医療を提唱、
その後、日本の東洋医学は傷寒論を中心とした古方派が中心となり、
道三が作った後世派は(中医学)は衰退していきました。

また、16世紀後半以降西洋医学が日本に入ってきて、蘭方と呼ばれました。
18世紀に、杉田玄白らの「解体新書」が刊行されると蘭方は勢力を得て、
19世紀頃には漢方と対立するようになりました。
蘭方の種痘やモルヒネ等の薬物は、よく病気の症状を変えてくれるので、
徐々に信頼を得るようになりました。
明治維新以降、富国強兵策と西洋文化一辺倒の社会風潮の下に医学は西洋医学
に変わり、漢方は明治8年以降、法律上存続しがたい状況に追いやられました。

終戦後に鍼灸師の国家資格制度がはじまり、法的に職業としての地位を確立。
ただ、鍼灸の大家の先生方からは「本来の東洋医学は、優れた師に弟子入りし、
長年かけて1人前になる師弟制度があったのである程度の質が保てた。
しかし、国家資格になり免許をもらって身分が保障されると、生活のために
十分に修行をせずに開業する人が増えて質が落ちた」との声も聞かれます。

中国における東洋医学の学び方

傷寒論を学ぶために必要なマクロな視点は、中国や日本における
傷寒論の立ち位置の変化を全体像を見て把握することが大切です。
中国では昔から現在に至るまで、傷寒論は中医学の医師として学ぶべき40冊
ほどの古典のうちの1冊という位置づけです。
傷寒論と40冊ほどの哲学、理論、技術を説明した古典を学ばないと弁証論治
(四診により弁証、治療法則を立て、鍼灸や漢方を処方して治す方法)が出来
ないので、今でも医師を目指す人はそれらの本を読むそうです。
ただ臨床的にはいくら本を読んでも、本から得た知識を使いこなす
経験や知恵や直観がないと意味がないと思います。

日本における東洋医学と傷寒論の学び方の変化

日本では、江戸時代には武士や医者や公家の家に生れたら、
子供のうちから4書5経(論語、中庸、易経等)を学んでいました。
そして後世派が盛んだった16世紀までは、西洋医学がなかったので、
東洋医学の医者があらゆる病気を治療していました。
後世派は、中医学をベースにしていたので、黄帝内経素門、霊枢、難経、太素。
傷寒論、金き要略。神農本草経。鍼灸甲乙経等々を学んでいたようです。

しかし、16世紀後半になり、古方派により中医学が否定されたので、
黄帝内経4部作は読まれなくなり、治療の理論と診断、漢方を学ぶためには
傷寒論1冊読めば事足りると変化していきました。

明治以降、文明開化で西洋文明を学ぶ事が主体になり、江戸時代、武士等の
支配階級のたしなみであった4書5経を学ぶことはなくなってしまいました。
また、西洋医学が正当な医学になり、東洋医学が法的に追いやられてからは、
東洋医学の施術者が医者でなくなり、傷寒論を学ぶ人は少なくなりました。

そして、戦後の免許制度により、針師、灸師、指圧師、柔道整復師と
東洋医学が細分化され、鍼灸学校でも古典しっかり教えるカリキュラムが
ないので、鍼灸師で傷寒論を学び、それを臨床に活かして
治療する人はほんの一握しかいなくなってしまいました。

赤ひげ堂での学びの日々

私が赤ひげ堂に入門したときには、院長も30代でエネルギーに満ちあふれ、
肩に力が入っていました。一流の医者を育てようと先頭を切って実践し、
弟子の私たちにも厳しく指導されていました。
治療が終わると夜中まで勉強会があり、毎週のように佐藤先生がいらして、
スタッフ皆が傷寒論を学ぶようになりました。

あるとき、中医師の女兆先生という方が、赤ひげ堂で治療と指導に携わる事に
なりました。女兆先生は、清朝の御殿医の家系に生まれ、中医師として世界中
で指導されていました。祖父は御殿医として満州国皇帝溥儀(映画ラストエン
ぺラーのモデル)に仕えた方です。
・中医学を学ぶ
また、女兆先生の中医学の知識量には圧倒され、それと比べると、日本の鍼灸
師の東洋医学の知識量はまるで子供のように思えました。
女兆先生は、3歳から医者になる英才教育を受けたので適うはずありませんが、
難しかったので、何とか女兆先生に太刀打ちできるようになりたいと思いました。

しかし古典は漢文で、現代語訳を読んでも難しく、すごく時間がかかるので、
結局「中医学をやるなら最低限これだけは必ず読みなさい」と言われた、
黄帝内経素門を読んで、臨床に必要なところを暗記しました。

すると、その効果はてきめんでした。患者さんを診断していると、まるで診断
のマニュアル本を手にしているように病気の原因がわかり、治療方針まで論理
的に説明できるように感じました。
今までの診断が軽自動車だとしたら、いきなリフェラーリに乗り換えたような
感じがしました。

そして、臨床で弁証論治を使っていくと、難しい専門用語を使い
理論も完成しているので、自分が立てた弁証分析に酔い、病気の原因と
治療法則を完全に理解して治療しているような錯覚に陥ります。
患者さんを笑わせようとジョークで「私の診断力は神の領域に達しています」
と言うと、隣で聞いていた院長からすかさず「傲慢になっているから気をつけ
て下さい」と釘を指されました。

その体験から、江戸時代に「後世派の人々は中医学の理論に泥酔し、
空理空論ばかりに走り、事なかれ主義に堕落した」
と古方派の人々が中医学を否定した理由がよくわかりました。
「もし院長に注意されなかったら、理論に泥酔し空理空論で治療していたかも」
と思い、自分より物事を見通せる師匠を持つことのありがたみを感じました。

虎と狼に挟まれて・・・

その時、3年ほど空医学の指導を受けましたが、女兆先生は
「私は医者である」という自覚と誇りが強く、
どんな病気も診断で出来るし、治せない病気はないという経験に
裏打ちされた強いプライドがあり、そういうオーラを出していました。

片や院長は、「30歳までに、新しい治療技術を発見できなければ
腹を切って死ぬ」とコミットして三角相関を発見しました。
私が入門したころは「日本一の治療家になる」と宣言していました。
「どんな病気でも直せる」と公言して、まるで虎が獲物を狙うように、
難しい病気に立ち向かい、簡単に(そう見えました)治していました。

中国には、前後から虎と狼に挟み撃ちにあっては太刀打ちできない、
ということわざがあります。
日々の臨床はまさに虎と狼の間で治療している感じで、自信に満ち絶好調で
大きな声で話す2人の偉大な治療家と隣り合わせで治療するのは大変でした。

隣のベッドから院長の「絶対治りますからまかせて下さい」「治ることを保証し
ます」と勇ましい声が響いてきます。すると、張り合うように女兆先生が自信
満々に「この病気は治ります、金然問題ないね!」「たいじょうぶです!」と左
右から交互に信念をもって治るという声が響きます。
もうそれだけでもプレッシャーです。そして、私も2人に負けないアピールを
しないと、患者さんから「院長先生や女兆先生に見てもらえないのか」
と不満の声が出てきそうな状況なので、「今日は私が担当で良かった」
と思ってもらえるように、がんばって治療し会話します。

この状況を何とかしようと、院長の気功診断をまねて、中医学の理論と望診を
駆使して、患者さんに何も聞かずに病気の状態を診断したり(診断したふりか
もしれませんが・・・)、心理学のテクニックを駆使して、何も聞かずに心を読
んだり(これもふりかも。・・)することに取り組みはじめました。
それは、同じ治療費を払っていただいているのだから、患者さんを
失望させられないという心境で、努力せざるを得ませんでした。
もし、犬や猫に挟まれていたら、安心して何もしなかったと思うので、
きびしい状況だと、生き残るために何か自分でしないといけないので、
結果として成長できるのかなあと思いました。

目の前の現実から学ぶ

その体験より、中医学を中途半端な理解で臨床に使うと、空理空論に陥って
危ないので実践から学ぼうと思い、院長の治療を研究して盗むことにしました。

まず、院長の患者さんの1000人分のカルテを病名ごとに分類し、診断、
気功診断、証、漢方の処方をデータ化するとある程度の院長の診断や証の
傾向と、気功診断の感覚(自分は出来ませんが)みたいなものを感じました。
また、女兆先生の700人分のカルテを見て、弁証分析を西洋医学の病名に
当てはめて分類し、わかりやすく理解できるようにしたことも、
臨床を通じて中医学を学べ役に立ちました。

そして、女兆先生のカルテをデータベース化すると、弁証分析は陰陽五行説を
マニュアル化して病気に当てはめ、アトピーなら2つのパターンに分けて弁証
を導きだし、治療法則を立て、それに従って取穴し、漢方を処方していると気
づきました。
それがわからないと、アトピーで「血爆生風」という弁証分析をすると、
それ以外に理論的には選択肢はないので「この弁証分析は完璧だ」と勘違いする
人が多いように思います。
診断や治療法則について、実際の臨床に必要な理論や知識については、
院長や女兆先生から盗んで得た知識や知恵が90%ぐらい、
古典の本からの知識が10%ぐらいのような気がします。

ですから、いい師匠について志を持ち、師匠の技を盗んで
(教えてもらうのではなく自分で工夫して学ぶこと)いけば、
あまり古典の本を読む必要はないし、そこそこの実力はつくと思います。
しかし、日本の鍼灸師なら、傷寒諭だけでも学んでおかないと、
証、治療方針、漢方がわからないので、必ず読むべきだと思います。

参考のために、東洋医学の医者になるために読むべき本です。
と女兆先生が言われていたものを列記しておきます。

環境が人を作る?

私が赤ひげ堂に入門したときは、すごく環境に恵まれていたと思います。
私たちは医者なのだ、そのために学ぶのだという空気が常に流れていました。

毎週のように佐藤先生が傷寒論の講義に来てくださり、漢方に関心のある
先輩には、院長が毎日、漢方の名前とその薬味を質問していました。
勉強があまり好きでない若い(22才の)先輩までが、
小陽病は、食欲不振、口苦、吐き気で小柴湖湯証とそらんじています。

それらを見ていて、赤ひげ堂では手技を学ぶだけでなく、
傷寒論や漢方を学ぶのも当たり前のことであるというような雰囲気で、
周りの空気に押されて自然と勉強するようになりました。

日々院長が「皆さんは医者なのですからその自覚を持って生きなさい」と
口を酸っぱくして言われ、学ぶ動機付けをしてくれていたのかもしれません。

それは盛先生の気功や女兆先生の中医学も同じことで、
私たちは医者だから、すばらしい先生が身近にいるなら
学ばなければ患者さんに申し訳ないと思い真剣に取り組みました。
そして、わからないときは、院長に質問すれば答えが帰ってきました。

盗む、攻めの質問をする

赤ひげ堂では陰指圧、三角相関等の治療技術以外に
学べることがたくさんあります。
ただ手技以外は、自らが学ぶ気になっていろいろと工夫して院長から盗むか、
攻めの質問をしないと学べない気がします。

攻めの質問とは、わからないから質問するのではなく、
「自分で調べてこういうことかと思いますが、院長はどう思われますか」
と、ます自分で勉強して答えを用意して、
それでいいのか確認するために質問することです。

東洋医学の深さ

最近、日々の生活で生きるために必要なことはしているのですが、
「志」を忘れ、流されて生きていると感じました。
そして、これからどのように生きていけばいいのかを考えていました。
そして、改めて森田先生の本を読んでいると以下のような文章がありました。

「漢方医学は聖賢の教えであってこの教えを実践することがすなわら[術]で
ある。医術といい、医は仁術と言うときの術はこの意味であって、治療手技に
関する技術は、すでに教えの中に説かれているのである。」

「成賢の教えである漢方医学は、現代医学のような単なる科学的知識でなく、
医療を通じて人生をまっとうする所以の道であるから、この教えを忠実に実践
することが直ちに[医道]を顧み行うことである」

「故に漢方医学はすなわち医道の教えであり、医師はこの具現者たるべきで
る」と書いてあり衝撃を受けました。

これらの文章に触れ、傷寒論を学ぶことは人生を学ぶことにつながるのだ、
私自身も自分の人生を見つめ直すために、傷寒論をもう一度学んでみよう
と思いました。